--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.04.24 Mon
■プリマダム 第二話
一生懸命な黒木瞳がとっても可愛らしかった。
おばさんだって好きなものに一生懸命になりたいんだろうなと。
それを応援してあげたい気分になったのも事実。
だから子供達も多分、同じような気持ちでお母さんを応援したいと思ったんだと思う。
子供もいない私が言うにはずいぶん身勝手な発言かも知れないけど、
日本人の多くは生活を楽しむ事が下手なんじゃないかと思う。
子供がいるから、主婦だから、できないってなんだかそんな理由ばかり探してる気がする。
もっと主婦だって、子供がいたって自由に生きればいいのにと。
現代になって昔よりはずいぶんと便利なものが増えた。
それは電化製品だってそうだし、スーパーを見渡せば簡単に料理ができるような
品物がたくさん並ぶ。デパートのちょっとしたお惣菜だって、昔からすると安い値段で手に入る。
現代の人はずいぶんと文明によって助けられてるのに、
ひとりひとりの心はどんどんすさんでいるような、そんな気すらする。
小さい頃から教え込まれている「妻は、母はこうあるべき」という言葉に縛られてるのかな?とこういうドラマで書かれている一般的な主婦像を見ると思う。

そういう気持ちをドラマをみて払拭したい人もいるのかもしれないね。

私は基本は中森明菜のファンなんだけど、
今回の役はちょっといくらなんでもぶっ飛びすぎかな。
電車にも乗れない、ピザの宅配を知らない、そんな化石のような人いないってば。
デフォルメされすぎてどうも彼女が辛いものを背負っていると分かっても、
ちっとも感情移入できないや。

さあて、話はこれからどっちへ向いていくのだろう。

thema:ドラマ感想 - genre:テレビ・ラジオ

 01:36:15   comment:1   trackback:0   [MyFavarite-Book/Comic]
きのうせりが、電化したかも。
だからここへ電化されたみたい…
by: BlogPetのせり | 2006.04.26 09:55 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/1609-85f55223
■GWのプラン| HOME | ■弁護士のくず 第二話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。