--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.05.28 Sun
『交渉人 真下正義』-MOVIE
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア 本広克行 寺島進

ポニーキャニオン 2005-12-17
売り上げランキング : 1033
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クリスマス・イブ。デートの約束をしていた真下の元に突然に室井管理官から呼び出しがかかった。東京の地下鉄の実験車両のひとつが何者かに乗っ取られ、乗客の命が危険にさらされていた。犯人の要求はなかったが交渉の窓口として真下を指名してきたのだった。

踊るのスピンアウト・ムービー。
室井さんの話よりは踊るっぽかった。
確かに青島くんがいないのは寂しいのだけれど、事件の展開としてはとても楽しめる作品だった。
舞台になった東京の地下鉄については東京に住んでいない人はわかりづらいと思うけど、知っている人にとってはとってもワクワクする展開。
そうそう、あの駅ってそうなってるよね、とか、この駅、本物じゃないとか、それがちょっと面白かったかな。
実際に東京の交通事情って地下鉄と在来線を含めてすごく複雑だし、都市機能を麻痺させるには狙いどころだよな、と私も思っていたし、サリン事件とか、日々の故障による電車の遅れを見ても、交通網が悲鳴を上げている現実がそこにあるから。
それを上手く題材にしたところは目のつけどころがいいな、って感じがした。

あと真下のスタンスがやっぱり面白い。
ボケキャラなのに、押さえるところをちゃんと押さえてて、ちゃんと事件を解決に結びつけて行くところにちょっと痺れました。
そこに雪乃さんは惹かれたのかしら(笑)。

私はこういうばたばたした面白いドラマが好きなので、それなりに楽しめましたが、
謎がいくつも解決しないまま終わってしまったのは、ちょっと残念。
せっかくだから謎解きをしてから自爆してほしかったな。
ま、それも踊るだからね。

また、見たくなっちゃった。

thema:映画感想 - genre:映画

 18:23:28   comment:0   trackback:0   [MyFavarite-映像]












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/1690-7e85128d
■お食事日記-2006.05.28| HOME | 『四日間の奇蹟』-MOVIE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。