--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.08.23 Wed
■自立出来ない子供
ニュースを見ていたら、『ヘリコプターペアレンツ』なる新語の話をしていた。

大学生になった子供を監視していて、子供が大学の生活に適合していなかったり、何らかの不満があると、ヘリコプターのごとく急降下して、両親が大学に文句をいいに来るらしい。
大学生にもなって?と正直、思った。
自立できない子供と子離れできない親が多いのかもしれない。

昔は15にもなれば立派に元服をした。
そして隣の国では学を志した年頃だ。

現代人は成長が遅れているというのだろうか。

こういう過保護な親のニュースを聞くたびに思うのは、最後まで子供を庇護におくつもりなのだろうかということ。
順当に行けばたいていの場合は親が先にこの世を去る。
その時、ひとりで生きて行ける知恵や力を育てるのが親の仕事で、
障害を取り除くことは逆効果なのではないかと感じる。

大学生になっても親に頼りきりの子供もどうかと思うし、
口を出す親の気が知れないと感じるニュースだった。

こんな人々が増えたら、日本はどうなっちゃうのだろう。
 09:33:14   comment:0   trackback:0   [Works-つれづれ]












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/1875-5bcc87c5
■雲行き| HOME | ■鼻緒が切れる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。