--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.08.27 Sun
『日本沈没 1-3』-COMIC
日本沈没 1 (1)
日本沈没 1 (1)小松 左京 一色 登希彦

小学館 2006-06-30
売り上げランキング : 38159
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本沈没 2 (2)
日本沈没 2 (2)小松 左京 一色 登希彦

小学館 2006-06-30
売り上げランキング : 34080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本沈没 3 (3)
日本沈没 3 (3)小松 左京 一色 登希彦

小学館 2006-07-28
売り上げランキング : 26522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11月の東京・新宿。
11月とは思えないほどの暑さで、蝉まで鳴いていたその日、小野寺(潜水艇操縦士)はビルが突然に地中に沈むという不可解な事件が起こる現場にいた。
その異変に何となく気づいた彼は救急隊員の玲子とともにその場にいた人々を救ったが、その事件はこれから始まる大きな破滅への始まりだった。

映画をやっているということで出ていた漫画を大人買いしてしまいました。
せっかく大人買いするのなら、全部出てからにすればよかった(笑)。
昔、小松左京が書いたという原作はまったく読んでいないのだけれど、この漫画のシリーズは多分、漫画だからできる表現力で人をひきつけるものがあるような気がする。
映画は見ていないので何ともいえないけど、さすがにここまでは映像では表現できないだろうなと思うから。

人には想像もつかないような出来事が置き、日本が壊れていくさまを描いている作品。
ここでおきている異変がなぜ起きているのかというのはまだ明らかにされていないのだけれど、私たちも日常の中でもしかしたらこんな不可思議なことに出会って見逃しているかも知れないと漠然と感じて背筋が寒くなったりして。
地球という物体にはまだまだ私たちが知りえないものがある。
このマンガで起こる出来事はこれから先の私たちに起こる出来事なのかもしれない。

そんな風に考えて読むと臨場感もあるし、ちょっと怖いストーリー展開。
さらに今の国のままだったらどんな惨事が起きても生き延びれないようなそんな予感がするのは、この国を信じれないからなのかもしれない。
政治にも国にも期待できなくなっているものね。

この物語の決着はとっても楽しみ。

thema:感想 - genre:アニメ・コミック

 22:10:52   comment:2   trackback:0   [MyFavarite-Book/Comic]
この作品は
この作品は、実は随分昔に、さいとうたかをプロも漫画化してるんですよね (うちの弟が持ってます)。まあ古い作品だし。
書店で見かけて、マンガ版もリバイバルか~、、、と思いました。

私は原作しか読んでないので、、、リバイバル版の映画やマンガの設定が、どのように変わっているかってことに興味ありますね♪
by: いちみ | 2006.09.03 00:38 | URL | edit
そだね
そだね。
リバイバルって、背景とか、設定を現代風にして、
アレンジするから、そのギャップが面白いんだよね。

昔のやつももう一度、読んでみたいと思っちゃうね。
by: せりあ | 2006.09.05 21:10 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/1888-9460c085
『キャプテン翼GOLDEN-23』-COMIC| HOME | 『EDGE黄昏の爆弾魔 1』-COMIC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。