--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.09.09 Sat
『仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法』-BOOK
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成

東洋経済新報社 2006-03-31
売り上げランキング : 6250
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ようやくすると仕事のスピードをあげるには『仮説』を検証して事実を導き出すのがてっとり早いとしている考え方の紹介。
BCGのコンサルタントが自分の経験を基に書いていると思われる。

これを読んでふと、自分が普段からこの『仮説思考』を利用していることに気づく。
仕事で使っているかはどうかは別として、何かしらの事象を判断するときにそのために必要な情報をすべて収集することは難しいので、何らかの仮説を立てて検証して、判断をしているような気がする。
分かりやすい例をあげると、彼氏が最近、様子がおかしい、携帯ばかりいじっているというだけの事象から、浮気かも、と仮説を立てて、携帯電話を盗み見して、結果を確認する、なんてことも立派な仮説思考じゃないかと思った(ま、程度は低いけど)。

それをビジネスでどれほど有効的に使えるかはこの本でも語られている通り、多くの仮説をたて、検証し、さらに仮説を評価してもらい、仮説を立てるという勘どころをつかむ必要があるだろう。
何事にも訓練は必要だ。

タイトルや装丁からは少し難しそうな印象を受けるけれど、実際に読んでみると文章が平易で非常に読みやすいので、ビジネス書に抵抗のある人にもとっつきやすい一冊かもしれない。

影響を受けやすい私は「私の仮説は~」なんてしばらくは言ってるかもしれないな。

thema:読んだ本。 - genre:本・雑誌

 12:31:42   comment:0   trackback:0   [MyFavarite-Book/Comic]












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/1910-95c85e82
『24―CTU機密解除記録 トロイの木馬 上,下』-BOOK| HOME | 『Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター』-BOOK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。