--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.09.24 Sun
『サライ 16』-COMIC
サライ 16 (16)
サライ 16 (16)柴田 昌弘

少年画報社 2006-08-28
売り上げランキング : 7408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サライは旧ソ連の研究施設、ジスクールから研究成果であるサライを連れ逃げ出した科学者、神薙と麻ヶ谷の娘としてごく普通の女子高生として暮らしていた。
ささやかな幸せな時間はサライの体の変化とともに終わりを告げようとしていた。

サライができた経緯がようやく明らかにされようとしている。
今までのファンタジックでちょっと想像もつかない特殊な世界観から急に現代に戻ってきたような不思議な感覚。
あの時代から、今のサライが生きる時代にどうやって繋がってきたのだろうとイメージが沸かないのだけれど。
ま、それはこれから繋がってくれるのでしょう。

柴田さんの書く世界観は「赤い牙」の頃からまったく変わっていない感じがする。このサライを見ているとランを思い出す。
力は暴力的に強いのに心はとっても優しくて暖かい。
彼がイメージする女性の理想なのかな?なんて思ったりもする。

すでに16巻まできたサライ。
どうやって決着をつけるのだろう。

thema:感想 - genre:アニメ・コミック

 21:25:20   comment:0   trackback:0   [MyFavarite-Book/Comic]












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/1929-7f72771e
『イカロスの山 4』-COMIC| HOME | 『オサムシ教授の事件簿 3』-COMIC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。