--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.11.26 Sun
■カーリングホールみよた

そして、本命のカーリングホールへ。
外見をみてちょっと、びっくり。
なんというか、工場みたいなつくり。
本当にここか?と多分、一人で来たら通り過ぎてたかもしれない。
だけど、ここはオリンピック級の選手も練習しているところらしい。
061123_1625~0002061123_1625~0001
そして、さっそく中へ向かう。
トレーニング用のジャージに着替えて、周りを見回す。
スイープの時につかうブラシとカーリングのストーン。
だんだん、カーリングをするんだな、という気持ちになってきた。
061123_1632~0001061123_1632~0002
控え室から見えるシート。
大体、端から端まで40mくらい。
テレビでみると短く見えるけど、実際には遠く見える。
ストーンがあんなに遠くまで届くなんて信じられない。
061123_1633~0001
今回はデッキシューズで参加。
靴にスライダーを装着(これをつける足がつるつるすべるわけです。)。
基本的に軸足になる方(通常は利き手と逆の足です)につけます。
スケートと違って靴全体のどこもすべるのでバランスが最初はとりにくいです。
061123_1658~0001
そして、ようやくシートにでる。
スライダーをつけてない方の足からゆっくり降りる。
スライダーの滑り具合の感覚がいまいちよくわからなくて、まっすぐ歩くのも一苦労。
最初は歩くのにもブラシを杖みたいにしないと歩けない。
大丈夫か?私。
061123_1837~0001
体験レッスンが始まって、スタッフの方が熱心に教えてくれる。
最初はストーンを運ぶための基本動作を教えてもらう。
デリバリーと呼ばれるその動きは下の写真のよううに低い低い姿勢で滑り出して、その推進力でストーンをそっと押し出す感じ。
この姿勢で滑り出すのが見てるよりずっとずっと難しい。
なんど転んだことか、私。
はい、私の両膝には大きな青あざがあります。

その他にもゲームのルールとか。
ちょっとした作戦のこととか。
投げるストーンをどうやって曲げるかとか。
スタッフの人は短い時間に一生懸命にいろんなことを教えようとしてくれました。
できのいい生徒とはいいがたい状況でしたが、とっても楽しかったよ。

今度はもう少し勉強していろいろ覚えようと思う。

 19:57:47   comment:0   trackback:0   [Myfavarite-カーリング]












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/2009-66b4dd77
■そして、食したもの。| HOME | ■レストラン八ヶ倉-御代田
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。