--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2009.06.05 Fri
■「瞳をとじれば」

「瞳を閉じればあなたが まぶたのうらにいることで

どれだけ強くなれたでしょう」

レミオロメンの歌が何度も何度も脳裏をよぎる。

確かにたくさんの思い出があって、

貴方との記憶はたくさんたくさんある。

私のなかに貴方はたくさんいるけれど。

心の中にいることと、

ここにいないことは、

同質ではない。

 16:36:00   comment:0   trackback:0   [Works-つれづれ]












管理者にだけ表示を許可する

http://seria.blog2.fc2.com/tb.php/2571-0dfb3c74
■手を伸ばしても| HOME | ■思い出
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。